高知でブラジルの伝統格闘技カポエイラ!|こうちカポエイラセンター
高知市で学べる。ダイナミックで美しいブラジルが誇る伝統芸術【カポエイラ】!

自由の象徴:カポエイラ

高知市でカポエイラ

「カポエイラとは1500年頃から始まったポルトガルのブラジル植民地時代にアフリカから連れてこられた黒人奴隷達がブラジルで自由を勝ち取るために編み出した格闘護身術である。格闘のような支配者階級に取って脅威となるものの練習は固く禁じられていて、踊っている様に見せかけて練習した。そして手かせを付けられた状態だったため足技が中心の格闘技となった。」 というのはわりと一般的なカポエイラに対する認識ですが、実際のところカポエイラの起源に付いては今でも大きな議論となっています。もともとアフリカにあったというアフリカ起源説やブラジルで生まれたというブラジル起源説、特に手かせをしていないといけなかったという事実は確認されていない。等々研究は目下進んでいますが、奴隷制を過去の汚点と捉えたブラジル政府は当時の文献や資料等を処分してしまい事実は闇に葬られてしまっていて難航しています。 そんなカポエイラですが、一ついえるのは「カポエイラはただの格闘技ではない。」ということです。カポエイラは格闘技をベースとして様々他の要素が織り混ざって出来ている一つの芸術なのです。いったいどんな要素があって、それがどのように織り混ざっているのでしょう?

カポエイラの特徴

格闘 - LUTA

高知市でカポエイラ

元々カポエイラは戦うために編み出されたものと言われています。残されている文献にはナイフ等の武器を使用した事例も残っていて、初期の頃はもっと純粋に戦うためのツールだった様です。円運動から繰り出される蹴りや他の立ち技格闘技の基本の蹴り(回し蹴り等)、足払い、頭突き等が主ですが、様々なバリエーションの手を使った攻撃も存在します。

ダンス - DANÇA

高知市でカポエイラ他の格闘技との大きな違いはそのステップワークにあります。「ジンガ」と呼ばれる基本のステップは常に左右前後に身体を動かし、あたかもダンスのステップを踏んでいる様に見えます。しかしこの「ジンガ」がカポエイラの動きの中心となり基盤となります。「ジンガ」から攻防のやりとりが繰り広げられます。

音楽 - MÚSICA

高知市でカポエイラ音楽はカポエイラの中でも大変重要な役割を果たします。カポエイラをする人はポルトガル語でカポエイラの歌を覚え、楽器の練習をする事でカポエイラ特有の雰囲気を作っていきます。ビリンバウと呼ばれる一弦楽器をメインに置き、アタバキ(コンガ風の太鼓)、パンデイロ(タンバリン風のリズム楽器)、アゴゴ(カウベル)等で構成される楽器隊(バテリア)がリズムを刻み、参加者全員が手拍子をしながらリードの呼びかけに応えて歌うというスタイルです。

アクロバット - ACROBACÍAS

高知市でカポエイラ逆立ちや測転、ブリッジなど、逆さまになる動きや宙返り等、様々なアクロバットの動きがあります。ただ単に場を盛り上げるため行われる事もありますが、一つ一つのアクロバットの動きもコントロール次第で攻撃や防御の動きとして使われます。近年になって加えられた動きも多くあり、ただのアクロバット大会になってしまう傾向もありますが、上手く組み込んでいく事で幅広いカポエイラを楽しむ事ができます。

まとめ

これらの要素が全て融合した一つの芸術の形がカポエイラだと私達は認識しています。身体を使った会話ですが、時に激しく、時に美しく、時に面白く、まるで劇を見ているかの様に見るものを魅了するそんなやり取り、駆け引き、対話がカポエイラなのです。 カポエイラはかつてギャング等の暴力の手段として用いられることもあり現在私達が知ってるカポエイラとは大きく異なっていた様です。1889年にはカポエイラは犯罪として規定され公共の場等での練習は拘留や処刑等の刑罰が与えられました。しかしその後もカポエイラを練習する人は後を絶たず、連綿と受け継がれてきました。そして1920年代後半に現在ではカポエイラの歴史の中でも2大巨頭と称される人物が現れます。そしてこの2人がのこした2つのスタイルが今私達が行っているカポエイラの基礎となっていきます。


レッスンのスケジュール・会場・料金等はこちらから!

レッスンスケジュール・会場・料金

動画で見るカポエイラ

カポエイラをするメリット

勝敗を決めないカポエイラでは「明確な目標をもちにくい。」と思うかもしれません。ですが、他のスポーツ、格闘技をしている人たちの多くは、「勝つために」ではなく、ダイエット、定期的な運動、体力づくり、仲間づくり、趣味、生きがいといった理由で楽しみながらやっていますよね。カポエイラも同じような目的で学ぶことができます!
では具体的にカポエイラをお勧めする理由を見てみましょう!


カポエイラは全身運動

カポエイラでは「ジンガ」というステップを中心に、蹴ったり、しゃがんだり、のびたり、ジャンプしたり、逆立ちしたり、側転したりと様々な動きで攻防の駆け引きを楽しみます。そうこれは全身をくまなく使った全身運動なのです!スポーツによっては片方の筋肉ばかり使ってしまうものもあります。格闘技やダンスではあまりしゃがんだ体勢にならないものもあります。カポエイラは違います!

◯ ジンガのステップや防御の動きではお尻周りや太もも等、下半身の強化につながります。
◯ 蹴りの動きでは股関節の可動域が上がり、片足でバランスをとることで体幹も鍛えることができます。
◯ 逆立ちや側転をすることで腕や肩の普段使わない使い方ができ、凝り固まりがちな肩も十分使うことになり肩こりの改善にも役に立ちます。腕の筋力や体幹も強化できます。体の端っこにある足はむくみがちですが、むくみ改善にもつながると言われています!
◯ ジャンプは全身の筋肉を必要とします。更にランニングなどよりも負荷の高い有酸素運動として脂肪の燃焼にも効果的です。
◯ できる動きをできる範囲でやればOK!なので子供から大人まで誰でも学ぶことができます。

カポエイラを通して自己表現

カポエイラは攻防の駆使した「会話」です。これを「ジョーゴ」と言いますが「おしゃべり」のような気軽なものから、専門的な「ディスカッション」まで相手によって、レベルによって楽しむことができます。そしてそのためには自己をどう表現するか?が大切になります。それはカポエイラの技を一つ一つ習得し、自分なりのスタイルを模索し、自分だけの表現方法を確立します。
身体が柔らかい人、ジャンプ力のある人、ボディコントロールの上手い人、将棋やチェスのように相手の動きを読むのが上手い人、それぞれがそれぞれの長所を活かしながら自分だけのカポエイラのスタイルで自由に自分を表現していきます。

普段大人しく、シャイな人もカポエイラの中では大胆にそしてダイナミックに自己表現する人もたくさんいます!多かれ少なかれ自分を抑えたり、殺したりしながら生きる中で、自分を目一杯表現し、一番自分らしくいれる術を持っている人はより豊かに毎日を過ごしていけるでしょう。

カポエイラで学ぶ「リスペクト」

カポエイラでは勝敗を決めません。ですが「格闘技=戦い」である以上相手の有利に立とうとしたり、相手を騙したりと言った駆け引きが発生します。そこで大切なのが、あくまで相手を「リスペクト」しながら進めていくということです。
力の強い人、若い人、動きの速い人、熟練の技を持っている人がそうでない人とカポエイラをする時に相手の動きを無視して自分だけで動いてしまうと、「ジョーゴ」が成り立ちません。会話のなかで相手の言うことを聞かず、1人で、自分だけ言いたいことを言っているのと同じですね。

なのでカポエイラでは会話したい人だけと会話するのではなく誰とでも向き合い相手の言い分も聴きながらうまく進めていきます。「戦い」の中に一見矛盾する「調和」があるのです。そしてその「調和」を可能にするのが相手に対する「リスペクト」ということですね!
熟練者同士が格闘色の強い激しい「ジョーゴ」をしてもお互いに「リスペクト」があればお互いを傷つけることなく素晴らしいカポエイラをすることができます!

カポエイラの音楽で養うリズム感

カポエイラが他の格闘技と大きく一線を画すのは「音楽」の存在です。アフリカ由来の楽器「ビリンバウ」を中心にコンガのような太鼓「アタバキ」にタンバリンのような楽器「パンデイロ」等を演奏しながらカポエイラの歌をポルトガル語で歌いながら、その音楽のエネルギーの中カポエイラを行います。そしてこれはカポエイラには必要不可欠な大事な要素です。
「楽器なんてできない!」と思う人もいるかもしれませんが、カポエイラで使う楽器は練習すれば誰でも弾けるようになり、主にリズム楽器なのでリズム感を養うことができます!
そしてこの楽器や歌を通しても自分を表現していきます。動きは少し苦手だけど音楽は得意!というカポエイリスタもたくさんいますよ!カポエイラにはたくさんの要素があり、それぞれの要素に一人一人が輝くチャンスがあるのです。

カポエイラでできるかけがえのない仲間

カポエイラの「ジョーゴ」を「会話」に例えるなら「カポエイラ」は「言語」と考えることもできます。カポエイラという言語を使い通じ合える仲間は日本全国、そして世界中にいます!カポエイラをしていく中で様々な交流を行い、かけがえのない仲間をたくさんつくりましょう!
カポエイラの輪「ホーダ」はカポエイリスタが集まりカポエイラをする場所です。そこには性別を超え、年齢を超え、国籍を超え、私たちを区別するもの全てを超えて「カポエイラ」という共通項を持った仲間が集まる場所です。実際の言語が伝わらなくても、カポエイラを通して通じ合うことができるって素晴らしいことではないでしょうか?
こうちカポエイラセンターはカポエイラができる場所として団体やスタイルを超えて多くのカポエイリスタが集まるそんな一つのコミュニティ作りを目指しています。

カポエイラをやってみたいという人はこちら!

無 料 体 験 レ ッ ス ン

現代カポエイラの創始者達

Mestre Bimba : Capoeira Regional

Manoel Dos Reis Machado (1889 - 1975)

それまであった伝統的なカポエイラにバトゥーキと呼ばれる伝統的な格闘技や他の格闘技の要素を取り入れ格闘技としての有効性に重きを置く自身のスタイル、「Luta Regional Baiana」後に知られる「Capoeira Regional」を創りだします。メストレビンバのこのスタイルが私達の行っている現代のカポエイラに多大な影響を与えました。メストレビンバは新しいスタイルの他にもアカデミア(道場)という環境での体系づけられた練習方法や、カポエイラを練習するに当たってのルール、服装や仕事の有無など細部にわたってつくりあげ、カポエイラに全く新しい風を吹き込みます。それまで「ならず者」のたしなみだったカポエイラを大学生や医者等、中産階級をひきつけカポエイラの社会的地位向上に成功しています。

Mestre Pastinha : Capoeira Angola

Vicente Ferreira Pastinha (1889 - 1981)

それまであったカポエイラに新しい風を吹き込んだメストレビンバとは対照的に「メストレパスチーニャ」は伝統的なカポエイラを守る側の人間の代表として、伝統的なカポエイラを「カポエイラアンゴーラ」と名付けもう一つのスタイルとして確立していきました。カポエイラの持つ儀礼性や奥深い駆け引きを重んじ、ただの格闘技ではない一つの芸術として後世に残す種をまきます。